2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 コレクションブログ 海外ドールへ
にほんブログ村
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ドールパーツ写真注意】 ドール 超初心者入門講座 衣装相互・用具編

 *黄変を防ぐには?
悲しいことに使用されている合成樹脂の劣化で、ドールは肌の色が黄色~黄土色・黄緑色に変色します。これが黄変です。原因は紫外線・油脂・湿気・合成樹脂から出る揮発性溶剤の気体、経年による劣化と言われていますが、メーカーから黄変に関するデータが出ているわけではないので、正確なことは分かりません。 対処は、紫外線を避ける(日光・蛍光灯)・触るときは手袋をする・密閉保管している場合はときどき風にあてる・保管している容器に湿気取りを入れるです。ここまでしても、年月による劣化は避けられません。 また、UVカットコーティングスプレーの効果は気休め程度で、しないよりましレベルだそうです。黄変したら素体更新するか、黄変してもそのドールを愛し続けるか、つねづねドールとのお付き合いの仕方を考えていたほうがいいかも知れません。

 *ドールの大きさが同じなら、どこのドール服でも着せられるの?
ドールの主なサイズは10cm~80cmと大きさの幅が広く、体型の差もあるので、他社メーカーの服を購入するときはそのメーカーのドールボディサイズを確認するのがポイント。 肩幅・バスト・ウェスト・ヒップを比べて、着せられるかを判断します。
特に女の子はメーカー間での体型差が激しいので、確認が必要。一般的に海外ドールはSDに比べて、胸が大きくウェストが細い。

ボークス・SDをメインに活動するディーラーは、ドールタイプのみの表記が多いので、ご注意。 おおよその相互ドールサイズは↓となってますので、目安にしてください。

 *SDの大体の大きさと相互ドール*
幼SD 約26cm:26cm前後のドールと相互。体型の差が少ないので、大体いけます。
MSD・SDM 約43cm:42~45cm前後のドールと相互。
SD 約58cm:58cm前後のドールと相互。
SD13少女 約60cm:58cm~62cmの女の子ドールと相互。
SD13少年 約62cm:60cm~63cmの男の子ドールと相互。
SDGr少女 約62cm:60cm~63cmの女の子ドールと相互。
SDGr少年 約63cm:63~65cm男の子ドールと相互。
SD16少女 約65cm:65cm前後の女の子ドールと相互。
SD17 約65cm:65cm~68cmの男性ドールと相互。
SDGOU 約68cm:65cm~68cmの男性ドールと相互。サイズ確認をしたほうが無難。
※SDはサイズの公式発表がないので、実寸または推定です。
※相互のあるサイズでも、デザインによって合わない場合もあります。

*海外メーカーで相互があるもの*
IpleHouse EID(70cm) = DollClans S Line(71cm):DollClans S Lineのほうが少々ウエスト細いですが、相互があるそうです。
他の70cmドール間でも相互がありますが、胸囲とウエストに差があるので要確認。

 *靴の相互はどうなってるの?
服の相互と変わりありません、同じくらいの大きさのドールならだいたい相互があります。ただ、女の子のハイヒールはハイヒール足パーツにしか合わないのでご注意。

 *海外メーカーのスケール表示サイズ相互*
1/6:幼SD・26cm前後のドール対応。同じ表記でリカちゃんやブライスサイズの場合もあり。
1/4:MSD・42~45cm前後のドールと相互。
1/3:SD・SD13・58cm~62cmの女の子ドールと相互。SDGr・SD16・63~65cm女の子の普通足にも相互あり。
1/3BOY:SD13少年・SD17・63~65cm男の子ドールと相互。
大叔・70cm:70cm前後の男性ドール。
※相互のあるサイズでも、デザインによって合わない場合もあります。
※メーカーによって多少、サイズに差があります。 足の長さ・幅(どちらも一番長いところを計る)を確認するのが無難です。

注意!:SoulDoll Zenith girl (65cm 女子)は足が大きく、他社ドールとの相互がありません。



ここから写真が入りますので、たたみます。




  *用意しておくと便利な道具
自分でメンテナンスをしなくても、パーツ交換やゴムが外れてしまったときなど、ないと困る道具なので揃えておいたほうがいいです。

P9085511.jpg
上から、鉗子(かんし)・Sカン引っ掛け・ゴム引き。

鉗子はハンド・フット交換などのときに、テンションゴムが引き戻ってしまわないように留めておく器具。
P9085514.jpg
↑のようにして使います。

Sカン引っ掛けは、アイ交換など、ヘッドをボディから外すときにSカンを動かすために使う道具。
ゴム引きは、各パーツにテンションゴムを通すときに使います。
ボークス・DOLKなどで販売されています。

※ドールの組み立てについては、Neo-AngelRegionのiMda Dollさんが詳しい解説をしてるのでご参照ください。

球体関節人形の組み立て方法



衣装相互・用具編については、以上!【ウィッグ・アイ編】につづく。

スポンサーサイト



にほんブログ村 コレクションブログ 海外ドールへ
にほんブログ村
[ 2015/03/30 ] ドール入門講座 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。